【最新刊】Number PLUS 「FIGURE SKATING TRACE OF STARS 2019-2020 フィギュアスケート 銀盤に願いを。」 (Sports Graphic Number PLUS(スポーツ・グラフィック ナンバープラス))

Sports Graphic Number PLUS

文藝春秋・編

1,500円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    FIGURE SKATING TRACE OF STARS銀盤に願いを。フィギュアスケート 2019―2020 シーズン総集編[試練の先に見えた新境地]羽生結弦「“再演”は前進のための必然」[羽生結弦・2019-2020言行録]「自分のスケート」を追い求めて。[福間洸太朗が語るバラード第1番]繰り返しの中の一期一会。[佐野稔が見た“新”SEIMEI]凝縮し凄味を増した持ちナンバー。[秘蔵写真とともに振り返る]羽生インタビュー・プレイバックみんなの応援があったから。[コロナ危機と向き合う今]思い出すあの春と雌伏の時。[幻の世界選手権を語る]ネイサン・チェン「ぼくはまだ限界まで出し切ってない」[元4回転王が語る進化の軌跡]ブライアン・ジュベール「フィギュアの未来は明るい」[V字復活の裏側]宇野昌磨「2人の男が導いた夜明け」[父子が語った激動のシーズン]鍵山優真「五輪に向けて上げていきたい」[ジュニア卒業の決意]佐藤駿「憧れの人に学んだ4回転」[本田武史が解説する]男子フィギュアの最新パワーバランス。[日本女子エースの戦略]紀平梨花「慎重に冷静に勝ちたい」[荒川静香が読み解く]トゥルソワ/コストルナヤ/シェルバコワロシア10代トリオが挑む人類の進化。[独占インタビュー]エフゲニア・メドベデワ「変身しても、私は私」[アメリカ女子の新星]アリサ・リュウロシアの牙城を崩す14歳の“女王”[“うたしん”ペアの宣言]吉田唄菜&西山真瑚「お客さんと一緒に楽しむダンスを」2019―2020シーズン主要大会記録※電子版ではカバー表紙・カバー裏ポスターを画像として収録しています。

    続きを読む
    ページ数
    88ページ
    提供開始日
    2020/04/02
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2018/07/19Posted by ブクログ

      毎年恒例になりつつあるNumberプロレス総選挙。アイドルなんかより、こっちの方が注目ですよ。2018は内藤哲也が1位。レッスルマニアでベルト巻いていれば、中邑だったろうになぁ。

      巻末のマサ斎藤応援...

      続きを読む
    • 2020/01/12Posted by ブクログ

      年末年始に溜まっている雑誌の整理。
      ロシアワールドカップの永久保存版の総集編。
      写真と記事、選手と周辺、サポーターから美女まで。さすがナンバーバランスがいい。
      p.63にそれなりの大きさで映っているの...

      続きを読む
    • 2019/12/21Posted by ブクログ

      サブタイトルの通り、求道者イチローのすべてといって過言ではないほどのボリューム。これを単行本で出したらどれほどの厚みになるのでしょう。草野球チームのことまで早速出ています。まさに永久保存版ですね。

    開く

    セーフモード