三国志外伝

宮城谷昌光

753円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「いつの世でも、人が生きてゆくということは、むずかしいものである」(序より)正史にもとづいた大作『三国志』全12巻を書き上げた著者が、時代の潮流の外にいながらも忘れがたい12人の生涯をたどった。『三国志』をあらわした陳寿(ちんじゅ)、輝ける倫理観と志望をもっていた太史慈(たいしじ)、魏の名臣・王粲(おうさん)・・・。ある者は、権力者や政治の中心に近づきながら、遠ざかることを余儀なくされた。その苦難をどのようにしのいだのか。曹操、孫権、劉備、関羽といった英傑たちとはことなり、歴史の中で一瞬だけ輝いた人生。その輝きが愛惜の念とともに描かれる。著者による後漢・三国年表つき。

    続きを読む
    • 三国志 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      三国志 全 15 巻

      11,071円(税込)
      110pt獲得

    レビュー

    • 2019/01/12Posted by ブクログ

      正月休みに読もうと図書館で借りた本だが、結局正月には読めず明けての読了となった。読みたい本を幾つか物色していたなかで、書棚にドカンとオーラを放つ本を見つけたのがこれだ。

      金色っぽい表紙や、「三国志読...

      続きを読む
    • 2015/06/18Posted by ブクログ

      宮城谷昌光の「三国志」全12巻を読み終えました。
      作者の文章に慣れてきたのか、比較的スムーズに読むことができました。
      相変わらず、登場人物の多さには閉口しました、1200人余りだそうです。
      しかしなが...

      続きを読む
    • 2010/09/13Posted by ブクログ

      7巻終了。次巻が出るまで期間が空くので、最初の方は複数回読んだ。
      宮城谷氏の作品のうち、創作キャラメインではなく史実の小説で、どちらかといえばこちらの方が好きだ。
      1,2巻は三国志というよりは後漢末期...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002148769","price":"753"}]

    セーフモード