三国志 第一巻

宮城谷昌光

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    宮城谷文学の集大成。現代日本の『三国志』決定版! 後漢王朝の衰亡――。建武元年(西暦25年)に始まる後漢王朝では、幼帝が続き、宮中は皇太后の外戚と宦官の勢力争いに明け暮れていた。正義の声は圧殺され、異民族の侵入が頻発し、地震や天候不順が続く。6代目の帝に皇子が生まれた時、守り役に1人の幼い宦官がついた。その名は曹騰(そうとう)。後に8代目順帝の右腕となった彼こそ、曹操の祖父である。

    続きを読む
    • 三国志 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      三国志 全 15 巻

      10,343円(税込)
      103pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(129件)
    • 2019/01/12

      正月休みに読もうと図書館で借りた本だが、結局正月には読めず明けての読了となった。読みたい本を幾つか物色していたなかで、書棚にドカンとオーラを放つ本を見つけたのがこれだ。

      金色っぽい表紙や、「三国志読...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2015/06/18

      宮城谷昌光の「三国志」全12巻を読み終えました。
      作者の文章に慣れてきたのか、比較的スムーズに読むことができました。
      相変わらず、登場人物の多さには閉口しました、1200人余りだそうです。
      しかしなが...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/20
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る