【最新刊】三国志読本

三国志

宮城谷昌光

774円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    歴史はふりかえってみるものではない。すすんでいって、みるものである。「特別随想 ふりかえること」より『三国志』をはじめ長年、中国歴史小説を書き続ける著者が、みずからの歴史観、世界観、小説観をあますところなく開陳した。自作解説や作家、経済人、学者など多彩なメンバーとの対談などを収録。<目次>【ロングインタビュー】私の「歴史小説」【自作解説】三国志の世界・『三国志』の沃野に挑む--大歴史絵巻の豊穣なる世界・曹操と劉備、三国志の世界--正史からみえてくる英雄たちの素顔・『三国志』の可能性--歴史は多面体だからこそおもしろい・『三国志』歴史に何を学ぶのか--構想十年、執筆十二年の大長編を終えて【対談】歴史小説を語る・水上勉--歴史と小説が出会うところ・井上ひさし--歴史小説の沃野 時代小説の滋味・宮部みゆき--「言葉」の生まれる場所・吉川晃司--我々が中国史に辿り着くまで・江夏豊--司馬遼太郎真剣勝負・五木寛之--乱世を生きるということ【講義&対談】中国古代史の魅力・中国古代史入門--どこから学べばいいのか・白川静--日本人が忘れたもうひとつの教養・平岩外四--逆風の中の指導者論・藤原正彦--英語より『論語』を・秋山駿--春秋時代から戦国時代へ・マイケル・レドモンド--碁盤上に宇宙が見える・項羽と劉邦、激動の時代--ふたりを動かした英雄たちと歴史的必然・『三国志』をより深く楽しむための本・宮城谷昌光 中国歴史作品の年代一覧・特別随想 ふりかえること・宮城谷昌光 出版年譜

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    歴史・時代
    • 三国志 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      三国志 全 15 巻

      11,071円(税込)
      110pt獲得

    レビュー

    • 2019/01/12Posted by ブクログ

      正月休みに読もうと図書館で借りた本だが、結局正月には読めず明けての読了となった。読みたい本を幾つか物色していたなかで、書棚にドカンとオーラを放つ本を見つけたのがこれだ。

      金色っぽい表紙や、「三国志読...

      続きを読む
    • 2015/06/18Posted by ブクログ

      宮城谷昌光の「三国志」全12巻を読み終えました。
      作者の文章に慣れてきたのか、比較的スムーズに読むことができました。
      相変わらず、登場人物の多さには閉口しました、1200人余りだそうです。
      しかしなが...

      続きを読む
    • 2010/09/13Posted by ブクログ

      7巻終了。次巻が出るまで期間が空くので、最初の方は複数回読んだ。
      宮城谷氏の作品のうち、創作キャラメインではなく史実の小説で、どちらかといえばこちらの方が好きだ。
      1,2巻は三国志というよりは後漢末期...

      続きを読む
    開く

    セーフモード