【最新刊】憲法が変わるかもしれない社会

憲法が変わるかもしれない社会

1冊

高橋源一郎・編著/長谷部恭男/片山杜秀/石川健治/森達也/国谷裕子/原武史

1,425円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦後日本で、かつてなく改憲の可能性が高まるいま、「知ってるようで知らない」憲法について本質を理解するための決定本。長谷部恭男、片山杜秀、石川健治、森達也、国谷裕子、原武史――憲法を巡る各テーマを豪華ゲストらと共に徹底的に考えた、高橋源一郎の白熱講座へ、ようこそ!・憲法は条文がすべてではない!?・9条は意味論と語用論に分けて考えよう・立憲主義は民主主義と対立し得るもの?・大正デモクラシーから国家総動員体制にいたった流れ・天皇の「おことば」が突きつけた問題とは?社会の「分断」を越えた対話のために――土台となる決定本がここに。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード