【最新刊】希望が死んだ夜に

希望が死んだ夜に

1冊

天祢 涼

1,500円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    飽食の社会の中で、貧困の罠に落ちた少女たちに救いはあるのか? 現代社会の闇に鋭く切り込んだ、警察&青春ミステリー!社会神奈川県川崎市で、14歳の女子中学生の冬野ネガが、同級生の春日井のぞみを殺害した容疑で逮捕された。少女は犯行を認めたものの、「あんたたちにはわかんない」と動機は全く語らない。希望の「希」という漢字が「ねが(う)」と読むことから名づけられた、ネガ。現在は、母親の映子と川崎市登戸のボロアパートに暮らしている。 母はあまり働かなくなり、生活保護も断られた。まわりに頼れる大人や友人がいないネガだが、あるとき運命的な出会いをした。 救いなき日々の暮らしの中で、一筋の光明を見つけたネガだったが、やがて悲劇が起きた。「半落ち」状態のネガに送検の期限が迫り、県警捜査一課の真壁巧は焦りを募らせる。相棒となった生活安全課少年係の女性刑事・仲田蛍の独特のペースにいらだつも、やがて意外な事実が浮かび上がってくる。裕福な家庭に育った美少女・のぞみは、なぜ殺されなくてはならなかったのか!? 「キョウカンカク」でメフィスト賞を受賞し、『葬式組曲』が本格ミステリ大賞候補や日本推理作家協会賞(短編部門)候補となった著者による、社会派青春ミステリー。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード