【最新刊】黄金の時

黄金の時

堂場瞬一

743円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    商社マンだった父は、かつてアメリカでプロ野球選手だった!?1963年、カリフォルニアで野球に青春の全てを捧げた男の物語。作家の本谷要は、亡くなった父親の遺品を整理中に意外なものを発見する。1963年に、マイナーリーグのサクラメント・ゴールドハンターズで野球をする若き日の父・総一郎が写った一枚の写真だった。野球が嫌いだったはずの彼に、いったい何があったのか。商社マンとして仕事一筋の謹厳な父は、作家という不安定な職業を選んだ要は折り合いが悪く、長年に渡って没交渉だった。要は父の過去を知るべく、渡米を決意する。日本初のメジャーリーガー・村上雅則が誕生する前年に、米プロ野球界の底辺、1A北カリフォルニアリーグでたった3ヶ月間、己の青春の全てを野球に捧げた男の物語。解説・宮田文久

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/08
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 黄金の時2018/06/29Posted by ブクログ

      日本人青年のマイナーリーグ挑戦記だが、時代背景、場所、条件、登場人物などモロモロの設定が絶妙。

      「野球」も「ベースボール」も、それぞれ良いものだ。

    • 黄金の時2018/07/06Posted by ブクログ

      父と息子。その父は誰かの息子。男の子にとって父親って、かなわない存在なのかな。
      そうあってほしい存在かもしれない。父親の葬儀で喪主を務めた弟の挨拶の言葉を聞いて感じたことを思い出した。

    • 黄金の時2018/08/10Posted by ブクログ

      なんか物足りない。

      堂場瞬一のスポーツシリーズは、悪役がいたりして、意外に盛り上がるのだが、今回は、悪役と言うものが居ない?親の過去を手繰る息子の旅の話なので、悪役が出てきにくいわけではあるけど、な...

      続きを読む
    開く

    セーフモード