選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子

河合香織

1,833円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その女性は、出生前診断をうけて、「異常なし」と医者から伝えられたが、生まれてきた子はダウン症だった。函館で医者と医院を提訴した彼女に会わなければならない。裁判の過程で見えてきたのは、そもそも現在の母体保護法では、障害を理由にした中絶は認められていないことだった。ダウン症の子と共に生きる家族、ダウン症でありながら大学に行った女性、家族に委ねられた選別に苦しむ助産師。多くの当事者の声に耳を傾けながら選ぶことの是非を考える。【目次】プロローグ 誰を殺すべきか?第一章 望まれた子第二章 誤診発覚第三章 ママ、もうぼくがんばれないや第四章 障害者団体を敵に回す覚悟はあるのですか?第五章 提訴第六章 母体保護法の壁第七章 ずるさの意味第八章 二十年後の家族第九章 証人尋問第十章 無脳症の男児を出産第十一章 医師と助産師の立場から第十二章 判決第十三章 NIPTと強制不妊第十四章 私が殺される第十五章 そしてダウン症の子はエピローグ 善悪の先にあるもの

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード