【最新刊】愛の本 ──他者との〈つながり〉を持て余すあなたへ

愛の本 ──他者との〈つながり〉を持て余すあなたへ

1冊

菅野仁/たなか鮎子

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「この本を手にとってくれた君が、自分以外の人間や身の周りの世界に対して、ゴツゴツした岩みたいなよそよそしさを抱いているとしたら、そんな感覚から自由になれる考え方があることを知ってほしい。……自分を取り囲む世界と多少なりともなめらかにつながっていけるイメージを持ってくれたらいい……」。名著『友だち幻想』へと続くテーマを、やさしく深く語りかけるようにつづった「幸せ」のデザイン。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/05
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    4.5
    6
    5
    4
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/26Posted by ブクログ

      心が落ち着く本でした。
      繋がりすぎるのも離れすぎるのも寂しくて、付かず離れずがよいのですがなかなか難しい、他者とのつながり。
      〈生のあじわい〉を深めるには…という問いから、自分と自分の周りの世界につい...

      続きを読む
    • 2020/02/03Posted by ブクログ

      ひとの繋がりについて本当に深く考えている本
      傲慢にならず卑屈にならず、相手と自分をちゃんとみて接していくことが大切なんやろうなと思う
      ちょくちょく読んで振り返りながらいろんなことに対して誠実に向き合っ...

      続きを読む
    • 2019/09/23Posted by ブクログ

      別の学校の生徒がビブリオバトルで紹介しており、職場の人間関係にちょうど煮詰まっていた時期でもあるので、帰りがけに購入。

      極端に言ってしまえば、自分以外の人間はたとえ親であれ、配偶者であれ、子であれ、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード