【最新刊】あちらにいる鬼

あちらにいる鬼

1冊

井上荒野

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    瀬戸内寂聴さん推薦 モデルに書かれた私が読み 傑作だと、感動した名作!! 作者の父井上光晴と、私の不倫が始まった時、作者は五歳だった。五歳の娘が将来小説家になることを信じて疑わなかった亡き父の魂は、この小説の誕生を誰よりも深い喜びを持って迎えたことだろう。作者の母も父に劣らない文学的才能の持主だった。作者の未来は、いっそうの輝きにみちている。百も千もおめでとう。──瀬戸内寂聴 人気作家の長内みはるは、講演旅行をきっかけに戦後派を代表する作家・白木篤郎と男女の関係になる。一方、白木の妻である笙子は、夫の手あたり次第とも言える女性との淫行を黙認、夫婦として平穏な生活を保っていた。だが、みはるにとって白木は肉体の関係だけに終わらず、〈書くこと〉による繋がりを深めることで、かけがえのない存在となっていく。二人のあいだを行き来する白木だが、度を越した女性との交わりは止まることがない。白木=鬼を通じて響き合う二人は、どこにたどりつくのか――。父・井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴の〈特別な関係〉に、はじめて光をあてた正真正銘の問題作にして、満を持して放つ著者の最高傑作!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/29

    レビュー

    3.9
    32
    5
    11
    4
    11
    3
    8
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/01/15Posted by ブクログ

      不倫とか若い男との性愛とかの話かと思いきや、
      主人公の女小説家が出家するところで、物語はぐるんと変化していく。後半がすごく良かった。人を愛する事はいいなぁと思った。

      心に残った一文。
      「はっきりと言...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/01/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2020/01/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード