【最新刊】キンモクセイ

キンモクセイ

1冊

今野敏

1,296円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    法務官僚の神谷道雄が殺害された。警察庁警備局の隼瀬は神谷が日米合同委員会に関わっていたこと、キンモクセイという謎の言葉を残していた事実を探り当てるが……。日米関係の闇に挑む、著者初の警察インテリジェンス小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/29

    レビュー

    3.1
    19
    5
    2
    4
    3
    3
    11
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/09/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/08/22Posted by ブクログ

      外務省のキャリア官僚が殺害される。警察庁公安担当若手キャリアである隼瀬は、当初その事件の特別班員となるが、犯人が米軍関係者と推測されたところで解散となる。さらに警視庁の捜査本部も大幅縮小され、疑問に思...

      続きを読む
    • 2019/08/10Posted by ブクログ

      大きな風呂敷の中は、小さい空箱だった…という気分。

      特定秘密保護法や日米地位協定など骨太なテーマで進んでいくのかと思いきや、最後は拍子抜けした。

    開く

    セーフモード