【最新刊】吾輩はライ麦畑の青い鳥 名作うしろ読み<『名作うしろ読みプレミアム』を改題>

名作うしろ読み

斎藤美奈子 著

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    名作の“急所”はラストにあり。「へそをなでています」「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。難有い難有い。」――意外と知らない唐突、納得、爆笑!? な終わりの一文。『西遊記』『吾輩は猫である』から『ライ麦畑でつかまえて』まで、世界の名著一三七冊をうしろから味わう型破りなブックガイド。『名作うしろ読み プレミアム』を改題。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/29
    連載誌/レーベル
    中公文庫
    出版社
    中央公論新社
    ジャンル
    文芸
    • 名作うしろ読み 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      名作うしろ読み 全 2 巻

      1,496円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    3.5
    8
    5
    0
    4
    4
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/15Posted by ブクログ

      「古今東西の名作132冊をラスト一文から読み解く」
      つまり、名作の書き出しの一文は有名になるのが多いですが、作品最後の一文は忘れられてしまうようだ。

      例えば超有名な「国境の長いトンネルを抜けると雪国...

      続きを読む
    • 2016/03/08Posted by ブクログ

      数年前、女優でエッセイストの中江有里さんがテレビ番組の中で紹介していたので、気になっていた本書。
      当時は単行本だったので買うか買うまいか悩んでいた。結局、買わずに年月が過ぎた。
      いつものように、書店を...

      続きを読む
    • 2018/06/01Posted by ブクログ

      自身の読書量の少なさを痛感。世の中まだまだ面白そうな本があるではないか。
      ビジネス書がどうしても増えていくなかで、過去の名作もしっかり読みながら、人間力を高めなければ。目次コピーして、手帳にしのばせ、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード