【最新刊】まんがでわかる 発想法 ひらめきを生む技術

まんがでわかる 発想法 ひらめきを生む技術

1冊

川喜田二郎 原作/山田しぶ 作画

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    シリーズ累計140万部越えの大ベストセラー新書『発想法』が、ついにまんが化!誰にでも「ひらめき」はつくれる!「データそれ自体に語らしめつつそれをどうして啓発的にまとめたらよいか」という願いから考案されたKJ法。「本当に役に立つ」と評される名著『発想法』のエッセンスをマンガで分かりやすく解説。問題提起→記録→分類→統合にいたる実技とその効用が、会議に調査に勉強に、あらゆる組織で使える新しい着想をもたらし、新しいアイデアを生み出します!<あらすじ>家具メーカーで販売員として働く千夏。そこへ突如現れた企画室長・大谷にスカウトされる。企画を考える力が無いと嘆く千夏に、「ユーモアやひらめきに頼らず、新しい発想を生み出す方法がある」という。その言葉に動かされ、企画室へ異動を申し出た千夏を待ち受けていたのは、データからアイデアを導き出すKJ法と呼ばれる技法だった。大谷の指導のもと、奮闘する千夏と小雪。本当に天才的な感覚に頼らず、新しい企画は生まれるのか――まんがを読むだけで、名著『発想法』のエッセンスが身につきます。

    続きを読む
    ページ数
    163ページ
    提供開始日
    2019/03/29

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/05Posted by ブクログ

      仕事柄、発想力が必要なのですが、あまりにもその能力が欠けているため手にとった。
      本書で語られる「KJ法」は、企画書を作る上では、活用しやすい手法だと思う。
      KJ法は、ある課題について考える際、""内部...

      続きを読む
    • 2019/06/02Posted by ブクログ

      発想法やアイデアの出し方などの話になるとたいがいでてくる、KJ法についての漫画本。
      KJ法のKJって何だと思って調べたら、考案者の川喜多二郎のイニシャルらしい。
      ブレインストーミングと何が違うのかと思...

      続きを読む
    • 2019/03/11Posted by ブクログ

      140万部越えの超ベストセラーがついにまんが化。「本当に役立つ」と評されるアイデアの創り方のエッセンスを凝縮。

    セーフモード