【最新刊】地中海幻想の旅から

地中海幻想の旅から

辻邦生 著

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時には〈日常〉を脱して、魂の目くらむ昂揚を経験することも、人生を豊かにする大切な方法なのだ(本文より)。一九五七年の留学以降、第二の生活拠点となったパリ、創作への啓示を受けたアテネ、作品の舞台となったフィレンツェ、アルジェ……生涯を通じ旅を愛した作家の多幸感あふれるエッセイ集。目次よりI 地中海幻想の旅から中部イタリアの旅フィレンツェ散策私の古典美術館アッシリアの眼ポンペイ幻想廃墟の教えるもの地中海幻想力ルタゴの白い石友をもつことII フランスの旅からヨーロッパの汽車旅恋のかたみモンマルトル住い海辺の墓地から早春のパリ昔のパリいまのパリ変ったパリ変らぬパリフランスの知恵パリの雀のことなど回想のシャルトル近い旅遠い旅パリ――夢と現実風塵の街から回想のなかのゴシックIII 北の旅 南の旅からロシアの旅から一ロシアの旅から二森の中の思索から北の海辺の旅南イングランドからハドリアヌスの城壁を訪ねて大いなる聖樹の下インド変容旅立ちの前に南の遙かな青い海中国の旅から

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/29
    連載誌/レーベル
    中公文庫

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/24Posted by ブクログ

      辻邦生のエッセイ集。

      表題の地中海世界だけでなくフランスやロシアその他の国々(日本も含む)を巡る旅で作家 辻邦生が感じたことが綴られている。
      フランスの滞在が長かったせいかフランスに関する記述が一番...

      続きを読む
    • 2019/03/11Posted by ブクログ

      その青さは、あくまで明るい、甘やかな青で、こちらの魂まで青く染めあげられそうだった――旅に生きた作家の多幸感溢れるエッセイ集。〈解説〉松家仁之

    セーフモード