【最新刊】姑の遺品整理は、迷惑です

姑の遺品整理は、迷惑です

垣谷美雨

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    姑が亡くなり、住んでいたマンションを処分することになった。業者に頼むと高くつくからと、嫁である望登子はなんとか自分で遺品整理をしようとするが、あまりの物の多さに立ちすくむばかり。「安物買いの銭失い」だった姑を恨めしく思いながら、仕方なく片づけを始める。夫も手伝うようになったが、さすが親子、彼も捨てられないタイプで、望登子の負担は増えるばかりである。誰もが経験するであろう、遺品整理をユーモアーとペーソス溢れる筆致で描く長編小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/29
    出版社
    双葉社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    43
    5
    10
    4
    26
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/07/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/06/14Posted by ブクログ

      タイトルそのまま。
      図書館で借りた本ですが、夫の手前、誤解があるといけないので、家ではブックカバーをして読みました。

      我が家は一人っ子の夫と、実家の近くに住む長女の私の夫婦。
      両家の片付けは、将来間...

      続きを読む
    • 2020/03/14Posted by ブクログ

      母から読んでみてって渡された本。
      タイトルがなかなか重い。
      遺品整理の大変さや遺されたもの、遺されたものを片付ける人
      簡単に終わるだろうとタカを括ってるけど、実際そうでもない葛藤とか
      隣近所の人付き合...

      続きを読む
    開く

    セーフモード