東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか

著:中村淳彦

1,620円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    この本に登場する女性は、あなたの娘や妻かもしれない!東洋経済オンライン2億PV突破の人気連載、待望の書籍化!風俗で学費を稼ぐ女子大生、明日が見えないシングル派遣社員、子供たちの未来を奪うシングルマザー……、貧困に喘ぐ彼女たちの心の叫びを「個人の物語」として丹念に聞き集めたノンフィクション。いま日本で拡大しているアンダークラスの現状が克明に伝わってくる。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    8
    5
    3
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/15Posted by ブクログ

      【No.215】「裸の世界はそれぞれの事情を抱えた女性たちが”最終的に堕ちる場所”という社会的な評価で、特殊な産業だ。しかし、覚悟を決めて堕ちてしまえば、貧困回避どころか中間層を超えて富裕側にまわれる...

      続きを読む
    • 2019/07/06Posted by ブクログ

      こんなに貧困な女子がいるのかということに驚いた。
      自分自身、正規雇用ということもあって、私の周りには正規雇用の友人しかいない。だから、非正規雇用者が6割もいて、正規雇用の方が少ないという現状に驚くとと...

      続きを読む
    • 2019/06/25Posted by ブクログ

      社会に蔓延る格差と性差別により、女性は少し足を踏み外しただけで転落してしまい、セーフティネットにもろくに引っ掻かれない日本の現実を描いた大作ルポ

    開く

    セーフモード