東京貧困女子。―彼女たちはなぜ躓いたのか

著:中村淳彦

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    この本に登場する女性は、あなたの娘や妻かもしれない!東洋経済オンライン2億PV突破の人気連載、待望の書籍化!風俗で学費を稼ぐ女子大生、明日が見えないシングル派遣社員、子供たちの未来を奪うシングルマザー……、貧困に喘ぐ彼女たちの心の叫びを「個人の物語」として丹念に聞き集めたノンフィクション。いま日本で拡大しているアンダークラスの現状が克明に伝わってくる。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    29
    5
    6
    4
    15
    3
    6
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/02/19Posted by ブクログ

      昨年、読み放題を利用して読んだもの
      かなり重い話だったが、評価は、う、、、んって感じかな?

      確かに同情できる内容もあったけど、自業自得も否定できない。

      それら全てを、制度や国の責任に押し付けて良い...

      続きを読む
    • 2020/02/15Posted by ブクログ

      東洋経済オンラインの人気連載を再構築してまとめた一冊で、本屋大賞2019年のノンフィクション部門ノミネート作品。現代社会における女性の貧困問題にフォーカスし、貧困に苦しみ生死ギリギリの生活を送っている...

      続きを読む
    • 2020/02/13Posted by ブクログ

      奨学金だけでは生活できない学生、介護業界で体も心も壊してしまったシングルマザーなど、様々な女性の貧困の姿がある。衝撃的だったのは公務員は安定と思っていた図書館司書の女性の話。非正規職員が故に収入は低く...

      続きを読む
    開く

    セーフモード