【最新刊】いも殿さま

いも殿さま

1冊

著者:土橋章宏

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「芋」で領民を救った、希代の名代官!!井戸平左衛門──大飢饉と銀山の危機を克服した、その偉業は今も島根で語り継がれる。『超高速! 参勤交代』の著者が贈る、感涙必至の最新長篇。隠居目前の最後のお役目は、最大の難題だった!!徳川吉宗の時代──。幕府勘定方に勤める旗本、井戸平左衛門は引退を迎え、隠居生活を楽しみにしていた。隠居後の楽しみは諸国を回り、甘味を満喫すること。だが、隠居届けを出そうとしたその日、あろうことか奉行の大岡忠相から異動を命じられることに──飢饉と悪政に喘ぐ、石見銀山の地にいって欲しいというのだ。自らの能力を誉められ、心が揺れる平左衛門。さらに、将軍が食するという〈嘉祥菓子〉を褒美にちらつかされたのが、とどめとなり、快諾してしまう。だが、江戸から四十二日の旅の果てにたどり着いた石見の土地は、想像を絶する悲惨な状況だった──。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/29
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    4.5
    7
    5
    4
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/22Posted by ブクログ

      この時代にあって、かくも慈愛に満ちた可能な限りの策を尽くし、いよいよ行き詰まれば自らの命を代償に御法度破りで人命を救う、そんな人物が実在したのだね。この時代どころか、どの時代であれ希有であって出会えな...

      続きを読む
    • 2019/09/28Posted by ブクログ

      実在した人物みたいですね。
      人の価値は居なくなった時に分かるんですね。
      こんな人になってみたいと思わせる主人公です。
      面白かったです。

    • 2019/09/22Posted by ブクログ

      土橋さんを読みはじめて、4冊目。裏切らない面白さ、爽快さ。史実もあるので、変えられない部分もあるんだろうなぁと切なくなる部分もありますが、本当に苦難に明るくまっすぐに立ち向かう主人公とその仲間を笑いも...

      続きを読む
    開く

    セーフモード