【最新刊】弥栄の烏

累計発行部数100万部突破。2017年第一部が堂々完結! 松本清張賞史上最年少で在学デビューを果たした若き才能が巧みな筆致で織り重ねる「山内(やまうち)」の世界。

八咫烏シリーズ

6冊

阿部智里

763円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    累計130 万部の大ヒット和風ファンタジー第一部完結!松本清張賞史上最年少受賞のデビュー作『烏に単は似合わない』から一巻ごとに読者を魅了して成長してきたシリーズの第一部完結の第6巻。八咫烏の一族が支配する異世界・山内を舞台に繰り広げられる、お后選び・権力争い・外敵の進入。大地震に襲われた山内で、100年前に閉ざされていた禁門がついに開かれた。崩壊の予感が満ちる中、一族を統べる日嗣の御子・若宮は、失った記憶を取り戻すことができるのか。そして、人喰い猿との最終決戦に臨む参謀・雪哉のとった作戦とは――。一巻から周到に張り巡らされてきた伏線がすべて回収され、この世界の大いなる謎が驚愕とともに明かされるクライマックス。大人気キャラの受難、神秘の謎とどんでん返しに驚愕した後に、未知の感動が味わえる堂々完結の一冊。巻末には、先輩の大作家・夢枕漠さんとの熱い対談を収録!講談社コミック「烏に単は似合わない」第二巻も同時発売。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/05/09
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/29匿名
      意外な結末で驚きました

      世界観が面白く、なんて素敵にジャパネスクと同じ感覚で読み進めていたので、真相に驚愕しています。最年少で松本清張賞受賞とのことでしたが、納得しました。伏線が読んでいて気付かない箇所にもちりばめられていた...

      続きを読む

    セーフモード