【最新刊】火花

火花

又吉直樹

509円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    NHKでドラマ放送スタート!(出演・林遣都、波岡一喜、門脇麦)第一五三回芥川賞を受賞し、二〇一五年の話題をさらった「火花」が文庫化。受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。売れない芸人の徳永は、、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。神谷の伝記を書くことを乞われ、共に過ごす時間が増えるが、やがて二人は別の道を歩むことになる。笑いとは何か、人間とは何かを描ききったデビュー小説。第一五三回芥川賞を受賞し、累計発行部数283万部を誇る傑作が待望の文庫化!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/01
    連載誌/レーベル
    文春文庫
    出版社
    文藝春秋
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2017/03/09Posted by ブクログ

      2017/3/9読了

      芥川賞を受賞してから、先生とか、天才とか、文化人としてよく見かけるようになった又吉直樹の作品。
      著者(こう呼称する)の圧倒的な言葉選びのセンス。
      読みながら、感想を書くのは長く...

      続きを読む
    • 2019/09/25Posted by ブクログ


      売れない若手芸人の徳永が主人公。

      徳永は、天才肌の先輩芸人の神谷と出会い、彼の笑いとの向き合い方に、影響されていく。
      けれど、その笑いの先には、とてつもない孤独があった。
      面白いのに、どうしてこん...

      続きを読む
    • 2019/01/01Posted by ブクログ

      「劇場」に衝撃を受け速攻買いに走った。こちらも本当に傑作だと思う。

      「劇場」でも又吉の笑わせ力は冴えわたっていたが、「火花」はなにしろ主人公が売れない漫才師という設定だから手加減なし。冒頭から大喜利...

      続きを読む
    開く

    セーフモード