葉桜の季節に君を想うということ

歌野晶午

784円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ミステリー文学賞&年末ランキング4冠! 本格ミステリーの新時代を告げた記念碑的傑作! かつては探偵事務所で働き、いまは「何でもやってやろう屋」を自称して気ままな生活を送る「俺」成瀬将虎。ある日、高校の後輩のキヨシの頼みで、彼が密かに惚れている久高愛子の祖父の不審死と、高額で布団や健康食品を売りつける蓬莱倶楽部の調査を引き受ける。そして同日、駅のホームで飛び込み自殺しようとした女・麻宮さくらを助けたことで、運命の歯車が回り始める――。蓬莱倶楽部の悪徳商法を調査する将虎の軽妙なハードボイルド探偵の活躍を楽しむあなたに、ラストで襲い掛かる大どんでん返し!?日本推理作家協会賞、本格ミステリ大賞ダブル受賞&「このミステリーがすごい!」「本格ミステリベスト10」で第1位!中居正広さんほか、たくさんの著名人も激賞!二度読み必至の究極の徹夜本です。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      第57回日本推理作家協会賞受賞
      第4回本格ミステリ大賞受賞
      このミステリーがすごい! 2004年版第1位
      本格ミステリベスト10 2004年版第1位
      週刊文春 推理小説ベスト10 2003年度第2位
      ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      『絶望ノート』に続く歌野晶午2冊目は、泉氏にすすめられた本作。正直、推理小説を読んでうまいなぁと感心することはあれど、「マジで!?」なんていう声を上げたのははじめてのことである。作家との出逢いに感謝す...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      おもしろかったーすげーおもしろかったー

      人間のあやふやな感情や微妙な気持ちまで
      凄くリアルな感じが◎。

      特に、誰かを「想う」時の心情描写が上手だと思いました。
      さすが、葉桜の季節に君を「想う」とい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002145427","price":"784"}]

    セーフモード