【最新刊】さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで

さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで

高田かや

865円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、過酷な労働や理不尽な掟に縛られた村の暮らしを受け入れて育ってきた著者は、なぜ自ら村を出たのか? 村で過ごした13歳から19歳までの青春期を描き、当時のマスコミを騒がせた村の実態に迫る、衝撃の実録コミックエッセイ。朝日新聞、毎日新聞、新潮45、TVブロス、アンアンなど、数多くの書評欄で取り上げられ、「その後の話が読みたい!」の声が殺到した話題作『カルト村で生まれました。』の待望の続編! 思春期をむかえた村の子の毎日(音楽、男女交際、一般の本を読むことは禁止。男子の部屋も女子が掃除!)。「個別ミーティング」や内容を大人にチェックされる「日記」など、思想をコントロールする村独自の新たなシステムがスタート。結婚相手は年の離れたおじさん!? 村の「調整結婚」など驚愕のエピソードが明らかに――。

続きを読む
ページ数
149ページ
提供開始日
2019/04/01
連載誌/レーベル
文春e-book
出版社
文藝春秋
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    ☆カルト村シリーズの続編☆

    過去の細かいエピソードもしっかり丁寧に描かれているし、イラストもぶれることなくずっと可愛くて読みやすい。

    このコミックはおもしろいだけでなく、学びがホントに多いと思う。...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    手書き文字がすごく読みやすい。
    絵も特徴的ではないのでサラッと読めるがものすんごい濃厚すぎる体験だと思う。
    しかも、カルト村を批判するわけでもなく肯定するわけでもなく、中立な視点で描かれていることもす...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    面白かった!
    1作目のカルト村で生まれましたの続編。
    可愛い絵と綺麗な字で読みやすい。
    字が全部手書きなのが珍しく、すごいけど、それが味があっていい。
    カルト村は今現在はどうなっているんだろう。
    カル...

    続きを読む
開く

セーフモード