【最新刊】刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話

刑務所シリーズ

3冊

堀江貴文

995円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    祝・刑期満了! 今まで書けなかった秘密の話。 ホリエモン節が全開です!仮釈放も終わり、刑務所の中では書けなかった秘密を大公開。1年9か月の刑務所生活を終えた堀江貴文さん。獄中の生活を手紙に書き、メールマガジンとしてリアルタイム配信し、『刑務所なう。』『刑務所なう。シーズン2』(小社刊)も執筆。ですが、実は検閲を受けて手紙が黒塗りになり、書けないことも多かったのです。今回はタブーなし! 介護係として老人のシモの世話をし、人生初の“上司”に怒鳴られながら、人生ゼロ時点でつかんだ真実とは? 「刑務所グルメ」の実態から、「エロ本差し入れ」の秘訣まで。実録マンガもたっぷり!

    続きを読む
    提供開始日
    2019/04/01
    連載誌/レーベル
    文春e-book
    • 刑務所シリーズ 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      刑務所シリーズ 全 3 巻

      2,764円(税込)
      27pt獲得

    レビュー

    3.5
    157
    5
    18
    4
    58
    3
    72
    2
    6
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2019/09/17Posted by ブクログ

      刑務所って色んなことしてるんだな。。季節を感じる献立というのが意外だったけど、食事が楽しみというのは想像できる。最初のも読んでみよう。

    • 2019/06/28Posted by ブクログ

      堀江さんのイメージがガラッと変わったし、あとがきに書かれていた刑務所にいるひとのほとんどの人普通の人で、今後誰しも入る可能性が絶対にないとは言い切れないという言葉が印象的だった。たしかに極悪な人だけが...

      続きを読む
    • 2018/12/22Posted by ブクログ

      収監されて折り返し地点くらいの記録。いまからみると時事ネタなどがやや古いが、かえって振り返ることができる。
      検察やITを取り上げることが多く、かつ点が辛い(そりゃそうだ)。
      刑務所からの発信は枚数制限...

      続きを読む
    開く

    セーフモード