【最新刊】資本主義と闘った男 宇沢弘文と経済学の世界

資本主義と闘った男 宇沢弘文と経済学の世界

佐々木実

2,695円(税込)
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その男の人生は20世紀の経済学史そのものだった――。〈資本主義の不安定さを数理経済学で証明する〉。今から50年以上も前、優れた論文の数々で世界を驚かせた日本人経済学者がいた。宇沢弘文――その生涯は「人々が平和に暮らせる世界」の追求に捧げられ、行き過ぎた市場原理主義を乗り越えるための「次」を考え続けた理念の人だった。――ノーベル経済学賞にもっとも近かった日本人 86年の激動の生涯――

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/29
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューコメント(12件)
    • 資本主義と闘った...2020/10/10Posted by ブクログ

      佐々木実(2019)『資本主義と闘った男 宇沢弘文と経済学の世界』講談社を読了。

      佐々木実氏の丹念な取材と、文献渉猟の努力には頭が上がらない思いである。

      宇沢弘文は、経済学の世界では言わずとしれた...

      続きを読む
    • 資本主義と闘った...2020/10/23Posted by ブクログ

      理論経済学者であった宇沢弘文さんの生涯の軌跡。

      読んでみて、本当に感動した。
      主に戦後だが、まさに20世紀の(理論)経済学を、宇沢弘文という1人物を中心に語ることで、ほぼその流れを理解することができ...

      続きを読む
    • 資本主義と闘った...2020/08/10Posted by ブクログ

      社会科学を学ぶ大学生は必ず読んで欲しい一冊。特に経済学部と社会学部、環境やサステナビリティを学ぶの人は必読。

      アメリカ経済学全盛期にその最先端を走った日本人。今現在、後にも先にも日本の経済学者として...

      続きを読む
    開く

    セーフモード