【最新刊】卑弥呼 -真説・邪馬台国伝- 4巻

卑弥呼 -真説・邪馬台国伝-

作:リチャード・ウー 画:中村真理子

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

神秘の女王の正体は、稀代の兵法家!? もし其方が真の日見子(ヒミコ)であれば、冥界行きの秘儀を見せてみよ―― あくまで偽者と疑う高位の巫女たちを前に、絶体絶命の窮地に立つヤノハ…… だが持ち前の気力と知識で彼女らを屈服させ、危機を脱することに成功する。その頃、強大な勢力がヤノハの籠城する山社(ヤマト)に迫っていた。敵将は、暈(クマ)の王子にして日見彦(ヒミヒコ)を名乗るタケル!! 迎え撃つヤノハの手勢は、わずか三百。圧倒的不利! 負け確実な戦況で、逆転の策はあるのか!? 緻密かつ大胆なシナリオは、まさに魔宮! 原作:リチャード・ウー×妖艶かつ憂いのある蠱惑的な筆致! 作画:中村真理子 最強タッグによる謀略と欲望の邪馬台国クロニクル 最新4集!!

続きを読む
ページ数
208ページ
提供開始日
2020/07/30
連載誌/レーベル
ビッグコミックオリジナル
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 卑弥呼 -真説・邪馬台国伝- 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    卑弥呼 -真説・邪馬台国伝- 全 4 巻

    2,420円(税込)
    24pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/02/19Posted by ブクログ

    ヤノハのおっかぁって一体何者!?教えてくれた知恵、知識がハンパない。黄鉄鉱の火打石とか、都合が良すぎるくらい。それでなければトンカラリン生き残れないか。
    ただ、せっかく真っ暗闇、地下迷宮と言う舞台を揃...

    続きを読む
  • 2019/03/31Posted by ブクログ

    邪馬台国と卑弥呼。日本史の最初に出てくる国家・人物だけど、未だに謎に包まれています。
    その謎めいた人物の卑弥呼になるのかな?主人公のヤノハの生涯を描いていくであろう「卑弥呼」です。

    長く続く戦乱の倭...

    続きを読む
  • 2020/02/17Posted by ブクログ

    古代史を扱った漫画としては、火の鳥のヤマト編とかあるが、卑弥呼の取り上げ方は様々。大概は、「よく伝聞されている」卑弥呼像であるものがほとんど。でも卑弥呼の現れる前、それも当の本人を主人公とした話は少な...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A002417114","price":"605"}]

セーフモード