南無阿弥陀仏と南無妙法蓮華経(新潮新書)

平岡聡

799円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

その「十三文字」が日本仏教を大きく変えた――。「南無阿弥陀仏」と称えれば、どんな人間でも往生できると説いた法然。「南無妙法蓮華経」と唱えれば、その身のまま成仏できると説いた日蓮。末法の世に生まれた二人は、迷い悩む衆生を等しく救うべく、独創的な仏教をつくりあげた。念仏と唱題の違い、社会に与えた衝撃、“犬猿の仲”の理由など、今なお生きる両者の教えを比較すれば、日本仏教の奥深さと真髄が見えてくる。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード