桜井政博のゲームについて思うこと DX Think about the Video Games 3

著者:桜井政博

942円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    【こちらの作品は文字サイズの変更ができないため、タブレットでの閲覧を推奨いたします】 『スマブラ』や『カービィ』シリーズの生みの親、桜井政博氏がゲームにまつわるアレコレを語る、週刊ファミ通で連載中の人気コラム単行本化第3弾。連載第101回から第188回を加筆修正して掲載し、掲載当時を振り返る書き下ろしやゲームに詳しくない人も楽しめるようなやさしい用語解説も収録しています。また、単行本独自の企画も満載! 巻頭カラーでは’08年の2月にアメリカで行われたゲーム開発者向け講演会(GDC)で、桜井さんが披露した『スマブラX』についての講演を紙上で再現&国内初披露。桜井さんのパーソナルな部分に迫る企画、”桜井さんへの100の質問”もあります。ゲームファン&ゲーム業界関係者に必読の内容となっているだけでなく、ゲームを知らない人も楽しめますよ。  ※※紙版に掲載されている記事中の一部の文章や写真について、電子版には掲載されないものもございます。予めご了承ください。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/06/09Posted by ブクログ

      ファミ通連載のコラム集3。

      巻頭に大乱闘スマッシュブラザーズあり。
      掲載時期は、ファミ通2005年4月29日から2007年2月9日まで。

    • 2011/04/29Posted by ブクログ

      本書に収録されたコラムは時期的に「大乱闘スマッシュブラザーズX」の開発と重なっているため、開示してはいけない情報についてなど色々と語りにくいことがあったと著者本人が後日談のコーナーで書いている。
      しか...

      続きを読む
    • 2010/11/02Posted by ブクログ

      読む事によって、相変わらずゲームデザインというものを再認識させられる。
      ただ、面白さを追求するという意味では、ゲーム作りがエンドレスであるは知りつつも、これがゲーム業界の勤怠状況の常識と、みんなが考え...

      続きを読む

    セーフモード