桜井政博のゲームについて思うこと Think about the Video games

著者:桜井政博

733円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    【こちらの作品は文字サイズの変更ができないため、タブレットでの閲覧を推奨いたします】 『スマブラ』、『カービィ』、『メテオス』を手掛けたゲームデザイナー、桜井政博氏の人気連載コラム『ゲームについて思うこと』を単行本化!!  連載第1回・第50回+後日談&ファンがにやりとするスペシャルなおまけを収録。これぞまさにゲームファンのバイブル!!  ※※紙版に掲載されている記事中の一部の文章や写真について、電子版には掲載されないものもございます。予めご了承ください。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    8
    5
    2
    4
    6
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/06/03Posted by ブクログ

      ”星のカービィ”や”大乱闘スマッシュブラザーズ”の桜井政博さんがファミ通で連載していたコラムをまとめた1冊。
      桜井さんがゲーム作りにかける情熱やポリシーがすごく伝わってきて、あぁすごいなぁと思わされる...

      続きを読む
    • 2012/03/27Posted by ブクログ

      「カービィ」「スマブラ」「メテオス」のディレクターである桜井政博さんが、週刊ファミ通において連載しているコラム「桜井政博のゲームについて思うこと」を1年分まとめて収録した一冊。

      この1巻では桜井さん...

      続きを読む
    • 2011/08/09Posted by ブクログ

      カービー開発者によるゲームに関するエッセイ。ゲームとは何かを考えるにはうってつけ。
      競争がゲームの基本原理であるのは認めつつ、勝ち負けを曖昧にするゲームを作ったり、アクセルが存在しないレースゲームを作...

      続きを読む
    開く

    セーフモード