【最新刊】一撃~隠密船頭(五)~

隠密船頭

稲葉稔

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幕府の下勘定所に勤める旗本家の屋敷で凄惨な事件が起こった。家の女たちを殺した下手人が旗本家の者だったことから目付が動いたが、進展はない。そこで探索の依頼を受けた南町奉行・筒井和泉守は「奉行の隠密」となった沢村伝次郎に事件の“始末”を命じる。妖刀村正を持つ凶悪侍に、伝次郎は一刀流の剣で向かう! 第9回日本歴史時代作家協会賞 文庫書き下ろしシリーズ賞受賞の人気シリーズ第五弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/25
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸
    • 隠密船頭 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      隠密船頭 全 5 巻

      3,355円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/28Posted by ブクログ

      文句なしの五つ星です。
      最初から最後まで、ぎっしり詰まった物語は、読んでいても迫力があって、気持ちの良い時間でした。

      今回の話は、しくじりをして一旦やめた同心を、浪人になって一時扇動をしていた沢村伝...

      続きを読む
    • 2020/02/16Posted by ブクログ

      隠密船頭シリーズ3巻目。
      一度は奉行所をさった沢村伝次郎だが、南町奉行の筒井和泉守の要望で内与力待遇での務めを。

      今回の事件はなぜか伝次郎が、殺しの濡れ衣を着せられてしまう。伝次郎らしくもない。北町...

      続きを読む
    • 2019/10/24Posted by ブクログ

      隠密船頭最新刊。
      沢村伝次郎の隠密仕事今回は?

      奉行の近しい筆頭与力から依頼された仕事は、まだ事件が起こっているわけではなかった。
      探りを入れていると、初めは無関係かと思われた殺人事件だが、、、、。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード