【最新刊】地図男

地図男

著者:真藤順丈

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    仕事で移動中の〈俺〉は、大判の関東地域地図帖を脇に抱えた奇妙な漂浪者に遭遇する。地図帖にはびっしりと、男の紡ぎだした土地ごとの物語が書きこまれていた。千葉県北部を旅する天才幼児、東京23区の区章をめぐる闘い、奥多摩で運命に翻弄される少年少女の軌跡――数々の物語に没入した〈俺〉は、それらに秘められた謎の真相に迫っていく。『宝島』で第160回直木賞を受けた俊英の、才気あふれるデビュー作。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/23
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      毎年夏、三出版社による文庫まつりをものすごく楽しみにしている。
      今年はどの文庫がエントリーされるのか、6月に入るともうワクワクソワソワしてくる。
      本来は、夏休みに入る高校生を中心とする若い人たちが対象...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      地図を片手に街を歩く放浪者。
      その中に書き込まれた壮絶な物語たち。
      もっともっと地図の中の物語を読みたい気持ちでいっぱい。
      そして、何者だろうか???
      あとがきに書いてあったけど…地図男自身のエピソー...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      絶対音感パーフェクトピッチに恵まれて いたって凡庸な想像力しか持っていなかった彼等は 本能が警鐘を鳴らして 千葉県鎌ヶ谷市の初富ってところ 住居表示インデックス 聴取者オーディエンス ルビコン渡河とか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード