社会学史

大澤真幸

1,404円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    本物の教養がこんなに頭に染み込んで、ものの見方がすっかり変わる経験をあなたに! マルクスもフロイトもフーコーも、実は社会学者なんです。「社会学はもちろん、その周辺の学問を理解するためには、どうしても、社会学史全体を知っておく必要があります。それなのに、なぜか、社会学史の本がほとんどないのが現状です。だから、この仕事に私は、強い社会的な使命感を持っています」――大澤真幸

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    11
    5
    7
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/19Posted by ブクログ

      分厚いのにめちゃくちゃ面白くて読み進められました。

      マルクス、フロイト、デュルケーム、ウェーバーまでは面白い。

      構造と意味あたりの子細な議論のあたりに入ると疲れますが 笑

    • 2019/09/08Posted by ブクログ

      新書にして630ページの厚み。でも94册分(たぶん…巻末の索引で引用文献、数えてみました。)の社会学を巡る膨大な文献をエッセンスを詰め込みながら超コンパクトに社会学の歴史をツアーするガイドブックです。...

      続きを読む
    • 2019/08/25Posted by ブクログ

      分厚かった、、

      「社会秩序はいかにして可能か」「社会秩序はなぜ可能か」というのが社会学の主題。そのキー概念は「偶有性」ということが、とてもよくわかった。

      フーコーとルーマンの類似点、すなわち言説/...

      続きを読む
    開く

    セーフモード