【最新刊】よみきかせ日本昔話 わらしべちょうじゃ

よみきかせ日本昔話 わらしべちょうじゃ
1冊

文:石崎洋司 絵:西村敏雄

972円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

「さいしょにひろったものをもって、たびにでよ。」とてもびんぼうなおとこは、かんのんさまのことばどおりわらしべをもって、たびにでました。貧しい男がつかんだわらしべが幸せをよぶ、楽しいお話 ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

続きを読む
ページ数
42ページ
提供開始日
2019/03/22
連載誌/レーベル
講談社電子文庫

レビュー

3.7
4
5
1
4
2
3
0
2
1
1
0
  • 2018/06/28Posted by ブクログ

    2018年度 5月 6年生 意外にもこのお話を知らない子供達が多かったようでした。 サクセスストーリーというのはどんな時代のもでもわくわくするもの! TGさんの読み聞かせにどんどん入り込んできているの...

    続きを読む
  • 2018/04/04Posted by ブクログ

    ざっくりとした絵柄とお馬さんが描かれた表紙が気に入ったようで息子が自分から手にとって借りました。トントン拍子に資産が大きくなっていく展開が親としては面白かったものの、息子の反応はイマイチ。「わらしべ」...

    続きを読む
  • 2013/07/13Posted by ブクログ

    どんなに働いても暮らしが楽にならない男が、観音様の言葉通り”最初に拾ったもの”(わらしべ)を持って旅にでます。 道中、いろんな人に遭遇し、男の優しさは形を変えていきます。 広島県の昔話が元で、同じ内容...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード