【最新刊】植村直己

植村直己

1冊

文:岩貞るみこ 絵:曽田正人

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    植村直己が登山を始めたのは、大学の山岳部に入ってからのこと。後年、日本を代表する冒険家となった植村直己ですが、入部当時は背が小さく、よく転ぶので「どんぐり」とあだ名される、非力な若者に過ぎませんでした。だが、彼は努力を重ね、日本人として初めて、世界最高峰のエベレスト登頂を果たし、その後も数々の偉業を成し遂げます。日本を代表する冒険家、植村直己。そのひたすらまっすぐに生き抜いた人生を描きます。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/20
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/25Posted by ブクログ

      山登りにたまに行くので、興味があり。子供も読んでわくわくしないかな?と借りてみたが読まず。

      人がやったこともないことに挑戦する、そのための努力、目標設定など、すごいなぁと。
      熱い人です。
      失敗しそう...

      続きを読む
    • 2019/05/16Posted by ブクログ

      植村直己と言えば誰もが知っている冒険家。でも今の子どもたちの目にはどう映るのだろうか。そんな想いから本を手にしました。
      僕にとっても植村直己は同時代の人という感覚は薄いのです。マッキンリーで消息を絶た...

      続きを読む

    セーフモード