【最新刊】詭弁論理学 改版

詭弁論理学 改版

野崎昭弘 著

792円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    知的な観察によって、人を悩ます強弁・詭弁の正体を見やぶろう。言い負かし術には強くならなくとも、そこから議論を楽しむ「ゆとり」が生まれる。人食いワニのパラドックスや死刑囚のパラドックスなど、論理パズルの名品を題材に、論理のあそびをじっくり味わおう。それは、詭弁術に立ち向かうための頭の訓練にもなる。ギリシャの哲人からルイス・キャロルまでが登場する、愉快な論理学の本。「鏡と左右」問題の付録つき。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/15
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    • 2019/08/17Posted by ブクログ

      大学生の頃に、この本と出会ったが、なぜか読まずに何年も過ぎ去ってしまった。

      SNSの発達により、さまざまな人が議論に触れる頻度が多くなっている。その中で、「それは論理の飛躍だ」「論点のすり替えだ」と...

      続きを読む
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      詭弁…人生において何回これを弄する人間に煮え湯を飲まされてきただろう。

      言い返すこと、論破することは解決にならない。

      詭弁を弄する人間とは、距離を取り、その人間性を観察することで、見えてくるものも...

      続きを読む
    • 2017/10/12Posted by ブクログ

      論理学を一から勉強したくなった。
      パズルを解いていくようで、ゆっくりゆっくり読まないと理解できない。熟読必須の一冊です。

      #読書 #読書記録 #読書倶楽部
      #詭弁論理学
      #野崎昭弘
      #2017年41...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002130739","price":"792"}]

    セーフモード