【最新刊】ステージ4をぶっ飛ばせ!がんに負けない生き方

ステージ4をぶっ飛ばせ!がんに負けない生き方

1冊

保坂 隆

1,287円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【電子版のご注意事項】※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。がんの末期とされるステージ4でも、回復を目指し、前向きに充実して生きる人が増えている。その実例と共通点をくわしく紹介。●がんの「ステージ4」は「遠隔転移がある」ことを意味します。「自分は末期がんであり、死が近づいた」と感じ、絶望的な気持ちになる人も。●実際は「ステージ4=死」ではありません。毎日の生活を充実させながら、家族や友人と良好な関係を保ち、長生きしている人たちが増えています。●がん患者と家族の心のケアの専門医が「ステージ4」の患者さんたちの豊富な診察体験からつかみとった「がんを明るく、前向きに、元気に生きる」人たちの共通点をわかりやすく紹介。●「ステージ4をぶっとばしている」人たちには共通点があります。たとえば「夢や希望を持ち続けている」「人のために何かをしている」「標準治療をメインにすえている」「自分の治療方法を自分で選択している」「食生活を見直している」「自分の直感を大切にしている」「スピリチュアルなものを大切にしている」など。●すべてのがん患者と、その家族のための、勇気がわいてくる一冊です。保坂 隆(ほさかたかし):1952年山梨県生まれ。慶応大学医学部卒業後、同大学精神神経科に入局。米国カリフォルニア大学ロスアンゼルス校精神科へ留学。東海大学医学部講師、同大学医学部教授、聖路加国際病院リエゾンセンター長、同病院精神腫瘍科医長、聖路加看護大学臨床教授を経て、保坂サイコオンコロジー・クリニック院長。『がんでも、なぜか長生きする人の「心」の共通点』(朝日新聞出版)、『「がん」からもう一度人生が始まる』(PHP研究所)、『心の曇りを晴れにする本』など著書多数。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/14

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード