【最新刊】小公女

小公女

フランシス・ホジソン・バーネット作/脇明子訳

924円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ロンドンの寄宿学校にはいったセーラは,裕福で賢く,学校じゅうの人気の的.ところがある日,父親の事業が破綻したという知らせが届き,セーラは一文無しの孤児になってしまう――どんなつらい目にあっても,持ち前の想像力を思う存分はたらかせて,誇りと友情をつらぬいた少女の物語.人気の名作が新訳でよみがえる.〈さし絵・小西英子〉

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/21
    連載誌/レーベル
    岩波少年文庫
    出版社
    岩波書店
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • ネタバレ
      2019/11/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/07/27Posted by ブクログ

      小公女セーラはアニメで見てストーリーは知っていましたが、書籍を読んだのは初めてです。
      物語は20世紀初頭ロンドンの寄宿生学校に、父親から宝物のように大切にされた女子が入学し、父の死、貧しさに襲われるが...

      続きを読む
    • 2020/06/16Posted by ブクログ

      秘密の花園がおもしろかったから、他の作品もと思ったら、小公女もこの作者だった。アニメ見てた。懐かしい。けど、かわいそうな女の子の話という、うっすらした記憶だけ。
      本は、秘密の花園と同じく、情景描写、心...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002128766","price":"924"}]

    セーフモード