地方大学再生 生き残る大学の条件

小川洋

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    崩壊する私大、崖っぷちの国公立大…… 限界“地方”大学、サバイバルの現場をリポート! 定員割れする私大が激増し、国公立大も全入化がはじまっている。一方で、危機を脱し、V字回復する大学も。その違いを照射し、これからの大学教育のあり方を提示。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/21Posted by ブクログ

      大学史というと、どうしても帝大の動きが中心になりがちで、地方の大学や偏差値でいえば低めの大学については語られることが少なかった。つまり大衆化時代の大学像については焦点が合っていなかった。本書は逆だ。と...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/03/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード