【最新刊】すべて忘れて生きていく

すべて忘れて生きていく

1冊

著:北大路公子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小さい頃から「早くしなさい」と言われ続けた私が気がついた世の中の真実とは――。「どんな毎日にも笑えることを見つけることができる」と信じる著者による、珠玉のエッセイ集。相撲への愛が迸るロングエッセイ、日常のゆるい出来事を導入にいつの間にか本の内容に鋭く切り込んでいく油断のならない書評集、奇妙な味わいの掌編小説二編も収録した、キミコの魅力に満ち溢れた一冊! 本人も「書いたことを忘れていた」貴重な原稿が満載です。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/08
    連載誌/レーベル
    PHP文芸文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    4
    11
    5
    4
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/04/20Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/04/20Posted by ブクログ

      少しずつ綻んでいた桜並木の花の蕾が、ある日、気づいた時には満開になっている。陽射しは温かく、風は柔らか。すべてが白く霞み匂いたつ。空を覆うように咲く視界に入りきらない桜。春は穏やかにやってくる。いつの...

      続きを読む
    • 2019/02/09Posted by ブクログ

      公子作品の中でひたすら相撲愛がにじみ出た一冊
      読んでるうちにわたしも相撲見ないといかんかな、って気持ちにさせられました

    開く

    セーフモード