まんがでわかる 頭に来てもアホとは戦うな!

著者:田村耕太郎 シナリオ:秋内常良 作画:松枝尚嗣

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    70万部を突破した『頭に来てもアホとは戦うな! 』がついにマンガ化! 企画営業部で働く入社4年目のひとみ。しかし、社内は意見がころころ変わる人、嫉妬で足を引っぱる人、理不尽なアホばかり。ひとみは、コミュニケーションコンサルタント・梶から「厄介な人物を動かす方法」を教えてもらうことに……。アホがみるみる味方になる最強のテクニックが、楽しく、カンタンにわかります! ●目次 プロローグ アホと戦うのは人生の無駄 Chapter1 成功者はなぜ戦わないのか? Chapter2 アホにはやられたフリを! Chapter3 アホと上手に付き合いなさい! Chapter4 アホを味方につけてこそ! Chapter5 アホに左右されずに自分の人生を取り戻せ! ●著者プロフィール 田村耕太郎(著) 国立シンガポール大学リー・クアンユー公共政策大学院兼任教授。ミルケン研究所シニアフェロー、インフォテリア(東証上場)取締役、データラマ社日本法人会長。日本にも2 校ある世界最大のグローバル・インディアン・インターナショナル・スクールの顧問他、日、米、シンガポール、インド、香港等の企業のアドバイザーを務める。データ分析系を中心にシリコンバレーでエンジェル投資、中国のユニコーンベンチャーにも投資。元参議院議員。イェール大学大学院修了。日本人政治家で初めてハーバードビジネススクールのケース(事例)の主人公となる。著書に『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか!?』(マガジンハウス)、『野蛮人の読書術』(飛鳥新社)、『頭に来てもアホとは戦うな!』(朝日新聞出版)など多数。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.8
    9
    5
    2
    4
    4
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/18Posted by ブクログ

      転職にあたって新人に推薦ブックリストを作るにあたり、「新人の間は読んでも活かせない本」として参照するために読んだ。
      こういうのってもちろんテクニック的に的確で正しいのだけれど、ある程度ちゃんと仕事でき...

      続きを読む
    • 2019/09/08Posted by ブクログ

      ベストセラー、『頭に来てもアホとは戦うな』の漫画版。
      原書は読んだことがないので、アホな人とは関わらないようにしようという内容の本かと思ったら、そうではなくてアホな人を味方につけようというような内容の...

      続きを読む
    • 2019/08/18Posted by ブクログ

      うーん。無駄なプライド。
      そうなのだよ。そうなのだよ。
      私もアホ1人なのだよ。
      皆褒められたい。
      私も褒められたい。
      褒められたいからやってることに、敵対の対応したら。。。余計激しくなるよねぇ。 そう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード