カウス=ルー大陸史・空の牙 蘭の血脈《天青篇》

響野夏菜/石堂まゆ

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

ザカードの城に連れていかれた透緒呼は、吹きこまれたジアフの<息>によって人への憎しみと殺戮への衝動を募らせていった。「そなたはわたしのものになる。身も、こころも……」そう透緒呼に告げるザカード。ジアフの<息>は、九鷹の体にも注ぎ込まれていた。黒い蛇と化した<息>は憎むたび、怒るたびに急速に九鷹を蝕んでいく。ザカードは九鷹を次の器にしようとしているのだ。※あとがきは収録されていません。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード