【最新刊】ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~

ヒトはなぜ、ゴキブリを嫌うのか?~脳化社会の生き方~

養老孟司

979円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    身近な疑問から見えてくる知識社会の限界 大したものは要らないことを、そろそろ学びましょう。「人間は、意識だけでできてるわけではない」より<抜粋>~基本的に私どもは意識の世界に住み着くというくせをつけてしまった。その方が意識にとっては居心地がいいわけで、なぜならばそういう世界にはゴキブリがいないからです。ですから、あのゴキブリを追っかける執念というのは私は非常に興味があるのでいつも見ています。どうしてあんなか弱い生き物が気に入らないのか。しかしその裏には非常に深い、何か根の深いものがあるのです~本書は二〇〇一年三月、白日社より刊行された『脳と自然と日本』を加筆修正し、大幅に改訂したものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/02
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS新書

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/05/03Posted by ブクログ

      とても楽しかった〜!
      ご本人も後書きでおっしゃっている通り、証明されている事実かどうかはともかく、養老孟司という個人がどう考えてるのかを知れて良かった。

      私自身一般的でないジェンダー感を持っているの...

      続きを読む
    • 2019/06/23Posted by ブクログ

      なかなか面白かったです。

      長嶋茂雄は物理ができない。
      野球のことはまったくわからない私ですが、この例えはわかりやすい!

      平均的であれと言われる一方(健診など)で、特異的であれとも言われ我々は育つ。...

      続きを読む

    セーフモード