【最新刊】スケッチブック

スケッチブック

ちばるりこ/シライシユウコ

1,425円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小学5年生の紗里奈は、ある出来事がきっかけになって、大好きな絵を描くことをやめてしまった。そして小6の夏休み、亡き母の故郷である町、遠野を訪れる。そこで紗里奈が出会った不思議な風習、「供養絵」とは……。第26回小川未明文学賞大賞受賞作品。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/02
    連載誌/レーベル
    ティーンズ文学館
    出版社
    学研
    ジャンル
    児童文学

    レビュー

    レビューコメント
    • スケッチブック

      【2019神奈川県夏のすいせん図書 高学年】小6のお母さんを亡くした女の子が主人公。弟や友だちに対しての感情が淡々としているし、行動力や絵の技術などを考えると小6という設定に無理があるような… 女子高...

      続きを読む
    • スケッチブック

      小6の主人公紗理奈は誰かの陰口で大好きな絵を描かなくなり、亡くなった母の故郷遠野へ夏休みに祖母に会いに行った。そこで母が好きだった「供養絵」と出会い、若いときの母の生きかたとも出会い、自らも自分が好き...

      続きを読む
    • スケッチブック

      同級生の心ない噂に傷付き 大好きだった絵を描けなくなってしまった紗理奈。若くして亡くなってしまった母の故郷 遠野へ。。。 供養絵"と言うモノを知りませんでした。亡くなった方を悼む絵、 心に響きました。...

      続きを読む
    • スケッチブック

      7年前父が突然亡くなってから落ち込む時期が1〜2年続いて仕事が忙しくなってだいぶ日常生活に影響はなくなったけど、あれから何しても楽しい気持ちが半分ごっそりなくなった感じで尾を引いていて家族がいなくなる...

      続きを読む
    • スケッチブック

      去年の1月に読んだ本だったが、忘れていて同じ本を借りてしまった。表紙絵に既視感あったのと、本文中に出てくる「明けがらす」というお菓子と、遠野のおばあちゃんの家でとれたトウモロコシ、冒頭の絵画コンクール...

      続きを読む

    セーフモード