【最新刊】誰にも死ぬという任務がある

誰にも死ぬという任務がある

著:曽野綾子

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    誰にも平等に訪れる「死」について書かれた含蓄深いエッセイ。貴賎、男女、善人、悪人、そして老若を超えて「死」は訪れる。事故や突然死といった、前もって知ることのできない「死」はともかく、人は病気や老齢になることで徐々に死に向かうことを自覚していく。そのとき「死」をどうとらえるか。キリスト教者として神の存在を信じ、神への感謝の日々を持ち、世界各地で人だけではなく動物や植物の「死」を目の当たりにしてきた著者ではならでの生死感は、読む者の心をうつ。死に向かう心構えを綴る名エッセイ集である。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/01

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード