【最新刊】2020年、世界の覇権争い ~世界はどう動き、日本はどうすべきかを読み解く~

2020年、世界の覇権争い ~世界はどう動き、日本はどうすべきかを読み解く~

著者:ペマ・ギャルポ

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界の覇権争いという視点から世界の状態、日本の状態を解説。大きく変わりゆく世界の動きを受けて、日本はこれからどうしていくべきか、日本人は何を学んでいくべきかなど、これから訪れる本当のグローバル社会の一員としてのあり方がわかる本。★ケント・ギルバート氏、絶賛!日本は今、大きな危機に直面している。統制された情報にだまされず、自分の目で真実を見るべきだ。アメリカv.s.中国だけではない!インド、ロシア、北朝鮮、アフリカ、そして日本で、今、何が起きているのか国際政治学者ペマ・ギャルポが、混乱の時代を読み解く1冊。★時代が人を作るのか、人が時代を作るのか。★野望を隠さなくなった中国★宗教観・倫理観等から二〇二〇年を覇権争いを読む2018年秋以降、私は中間選挙直前のアメリカに何度か渡り、政府高官や経済界の要人と会ってきました。選挙の結果は大方予想通り、下院で民主党が勝利する結果となりましたが、その裏側にはトランプ政権を巡る政財界の思惑が錯綜していたようです。その辺りの裏話も後ほど紹介しましょう。(はじめにから)■目次第1章 世の中の動きを決めているものは何か・覇権争いの「歴史」・覇権争いの「現状」~アメリカ VS 中国第2章 注目すべき第一の国 中国の「野心」を読み解く!・覇権を狙う中国の最新動向・中国が覇権主義貫く思想的背景・中国はどこに向かうのか第3章 注目すべき第二の国 アメリカの「真意」を読み解く!・アメリカの覇権を巡る最新の動向・なぜアメリカは分断されるのか・アメリカの都合で翻弄されてきた近代日本第4章 注目すべき第三の国 インドの「底力」を読み解く!・インドがアジアの覇権を握る日は近い・多様化を包摂するインドの魅力・インドと共に前に進めるのは日本だけ・日印のパートナーシップで中国を挟撃せよ第5章 目が離せないロシア&ヨーロッパの「深謀」を読み解く!・ロシアはどこに向かっているのか・ヨーロッパはこの先どうなっていくのか第6章 覇権争いが激化する今、注目すべきその他の国々・未来の覇権はアフリカが握る・中国の覇権主義に飲み込まれつつある台湾・幸せの国ブータンから学べること・中華思想の犠牲となったチベット第7章 日本人としてこれから何をすべきか■著者 ペマ・ギャルポ国際政治学者拓殖大学国際日本文化研究所教授桐蔭横浜大学法学部・大学院法律研究科客員教授。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/03/01
    出版社
    あさ出版
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    レビューコメント
    • 2020年、世界の覇...

      現在の覇権国、アメリカの今後。覇権国への野望を隠さない中国。将来の覇権国になり得るインド。アジアの国家として日本は、いや、日本人はどうすべきなのか考えさせられる。著者は、チベットからインドに亡命し日本...

      続きを読む
    • 2020年、世界の覇...

      観光は恐らく今後も日本の成長産業だろうし、製造業もずっとそうだったけど、中国にここまで依存していいのだろうかということを、海外の方が教えてくれる。他方、多くの日本企業がその他のアジアに進出し、労働力の...

      続きを読む
    • 2020年、世界の覇...

      失われた20年なんて言われている間、国民は「国がなんとかしてくれる」それしか考えていなかった気がする。停滞している間に周辺国はどんな力をつけてきたか。冷静に振り返って今後のことを意識したい。

    セーフモード