くらやみガールズトーク

著者:朱野帰子

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    女性の人生には通過儀礼が沢山ある。たとえば結婚。もう21世紀だというのに、当然のように夫の名字を与えられ、旧姓は消えてしまう。気づいた時は自分が自分でなくなり、夫の家の「モノ」とされてしまうのではないかという不安は、胸の奥にとじこめればとじこめるほど、強いエネルギーに育って、くらやみの扉をこじあけてしまう。他にも、独り暮らし、恋、子育て、親の痴ほう……。自分で選んだ人生のはずなのに、古い社会通念の箱に押し込められ、じわじわと別のものに変容させられていくのはなぜなのだろう? そんな誰にも言えない恐怖を、静かに見つめ、解放してくれる物語。新しい時代を自由に自分らしく生きたいと願う女性たちへの応援歌。30代、40代の女性たちの代弁者・朱野帰子の最新作!

    続きを読む

    レビュー

    2.9
    11
    5
    0
    4
    0
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/29Posted by ブクログ

      『わたし、定時で帰ります』や『対岸の家事』みたいな、リアルだけど軽快なお話かと思いきや、ホラー要素の詰まった話ばかり。夜中に読む本じゃなかった…。
      でも、最後の「帰り道」は良かった。ひいおばあちゃんが...

      続きを読む
    • 2019/09/14Posted by ブクログ

      何度も自分を殺して、または自分を殺されながら生きていく女たちの話。恐ろしくもあるけれども、共感出来たり、胸糞だったり。誰も死にたくないけれど、生きるためには死ぬしかない。生きたい、死にたくない、は、生...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/09/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード