「目的思考」で学びが変わる─千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦

著:多田慎介

1,650円(税込)
1%獲得

16pt(1%)内訳を見る

    ■既成概念にとらわれず、「社会で生きる力」をのばし育てる教育。その実践と未来を追う首相官邸や国会議事堂にほど近い、千代田区平河町にある区立麹町中学校。古くから名門として知られるこの中学の校長になって5年目の工藤勇一がいま、日本の教育界を大きく揺さぶり続けている。口ぐせは「目的と手段をはき違えるな」。定期テストや宿題を廃止し、固定担任制をやめて全員が担任になる「全員担任制」を導入、社会で生きるためのスキルとモチベーションを高めるための「麹中メソッド」や外部企業や専門家などをまきこんでの「オープンイノベーション」……既成概念を打ち破り、ビジネス的な手法をも大胆に導入して、公立中学としては画期的な改革を次々と行っている。この改革で子どもたちはどう変わったか、また目指すものは何か、工藤校長へのインタビューと周辺取材で解き明かす。[目次]第1章 世の中まんざらでもない。結構大人って素敵だ!<特別対談(1)> 青野慶久氏(サイボウズ株式会社代表取締役社長)第2章 行政まで動かした改革者の横顔<特別対談(2)> 木村泰子氏(大阪市立大空小学校初代校長)第3章「自律」の力を身につけた生徒たち第4章 保護者も、学校を変えられる<プロフィール>工藤勇一(くどう・ゆういち)1960年山形県生まれ。東京理科大学卒。山形県・東京都の中学校教諭、新宿区教育委員会指導課長などを経て、2014年4月より現職。現在は安倍首相の私的諮問機関である「教育再生実行会議」の委員をはじめ、経産省「EdTech委員」、産官学の有志が集う「教育長・校長プラットフォーム」発起人など多数の公職についている。【著者】多田慎介(ただ・しんすけ)1983年、石川県金沢市生まれ。個人の働き方やキャリア形成、企業の採用コンテンツ、マーケティング手法などをテーマに取材・執筆を重ねている。※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『「目的思考」で学びが変わる──千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦』(2019年2月20日 第1刷)に基づいて制作されました。※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    7
    5
    2
    4
    3
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/14Posted by ブクログ

      「PTAやメディアから叩かれたときに、どうするか」も書かれていれば、全国の学校が容易にマネできるのだが。。

    • 2019/07/31Posted by ブクログ

      私の勤務校は、きめ細かい指導が売りになっている。それはそれで、生徒や保護者に「安心感」を与えることに繋がっていると実感している。ただ、このようなスタイルで教育活動をしていく上で、「これでは自律した大人...

      続きを読む
    • 2019/07/16Posted by ブクログ

      目的を達成するために手段がある。当たり前のようではあるが、時に私たちは手段を目的としてしまうことがある。例えば学校での頭髪服装指導など、その指導をすること自体を目的としてしまっている節がある。今一度、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード