争うは本意ならねど 日本サッカーを救った我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール

木村元彦

759円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    我那覇和樹を襲った、日本サッカー史上最悪の冤罪事件。沖縄出身者として初の日本代表入りを果たした彼のキャリアは、権力者の認識不足と理不尽な姿勢により暗転した。チームやリーグと争いたいわけではない。ただ、正当な医療行為が許されない状況を何とかしなければ。これは一人の選手と彼を支える人々が、日本サッカーの未来を救った苦闘の記録である。覚悟と信念が宿るノンフィクション。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード