【最新刊】東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡

東田くん、どう思う? 自閉症者と精神科医の往復書簡

著者:東田直樹 著者:山登敬之

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自閉症の当事者である〈東田くん〉と、精神科医である〈山登先生〉が約二年半にわたり交わした往復書簡。発達障害や支援についての話題から、記憶や生き方、嘘や愛についてなどの哲学的なテーマまで――時に飛び出る東田くんの革新的な意見に、山登先生も「こりゃ驚いた!」。診察室ではできない率直でスリリングな掛け合いから生まれる発見の数々。生きづらさを抱える全ての人へ伝えたい。『社会の中で居場所をつくる』を改題。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/23
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/16Posted by ブクログ

      東田直樹さんが13歳のときに書いた『自閉症の僕が跳びはねる理由』は多くの人に読まれ、障害のある世界とそこに生きる気持ちをいきいきと伝えました。20歳になった東田さんが、今回は精神科医の山登敬之さんと手...

      続きを読む

    セーフモード