スタンフォード大学教授が教える 熟睡の習慣

著:西野精治

850円(税込)

この本はアプリ専用です

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    最高のコンディション、ダイエット、アンチエイジング、病気予防、ボケ防止、眠育、睡眠薬との賢いつきあい方……日本人が知らない「理想の眠り」への決定版! 睡眠とは単なる休息ではなく、あらゆる生命現象の基盤である――。世界最高峰といわれるスタンフォード大学睡眠生体リズム研究所所長が、「脳の老廃物を洗い流す『グリンパティック・システム』」などの睡眠研究の最前線から、「寝具は『通気性』で選ぶ」といったすぐに役立つトピックまで、眠りにまつわるあれこれを、この1冊に網羅。さらに、女性・子ども・高齢者の睡眠問題や、知らないと危ない「睡眠障害」や「睡眠薬」についても解説。ベストセラー『スタンフォード式最高の睡眠』を著し、「睡眠負債」という概念を日本に紹介した睡眠研究の第一人者が、前著に書けなかった部分も満載し、日本人が知らない正しい睡眠常識をすべて紹介します。 【目次より】●第1章 間違いだらけの睡眠常識 ●第2章 「睡眠負債」をいかに解消するか ●第3章 生体リズムが熟睡のカギ ●第4章 「仕事中の眠気」の恐るべきリスク ●第5章 女性、子供、高齢者のための睡眠常識 ●第6章 熟睡できる環境のつくり方 ●第7章 「睡眠障害」について知っておきたいこと ●第8章 「睡眠薬」との賢いつきあい方

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 2019/01/23Posted by ブクログ

      ボクはもともとよく寝る子でした。小学校のときは10時間くらい寝てたし、大学受験期も8時間は寝てたかな。人より勉強量は少なかったかもしれないけれど、それでもだいたい望んだ結果は出てたわけですね。しかし、...

      続きを読む
    • 2020/05/23Posted by ブクログ

      コロナ期間で眠れない身体になってしまい、助けを求める気持ちで読んだ。睡眠を怠ることで溜まる睡眠負債の恐ろしさや睡眠環境を整えることの大切さなど、普段身近すぎてあまり意識しなかった睡眠について改めて知る...

      続きを読む
    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      睡眠不足と自己の生き方についてよくわかった。睡眠時間は削れない。

      光と食事と運動
      肥満は全身の炎症
      ちゃんと寝る、そして、健康になるのだ。

    開く

    セーフモード