【最新刊】洞天茶房菜単 ~中華奇譚品書き~ 絵に描いた妖しき桃

洞天茶房菜単 ~中華奇譚品書き~

真堂 樹/雁 えりか

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    鬼市巷にある「洞天茶房」は天界の底に通じている。美しすぎる給仕の梅鬼と牡丹郎は、実は天界より女仙神と一緒に堕ちてきた花仙で、店主の李子春は一緒にあやかし退治をやる羽目に……!? 今回はいわくつきの画巻に「洞天茶房」の料理人・陳九が呑み込まれてしまい、ドキドキの大波乱! 李子春のお師匠さまの番外短編と四コマまんがも入った愉快痛快・中華万華鏡! 桃源郷へ君と夢のなか!?

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/22
    連載誌/レーベル
    集英社コバルト文庫
    • 洞天茶房菜単 ~中華奇譚品書き~ 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      洞天茶房菜単 ~中華奇譚品書き~ 全 2 巻

      1,012円(税込)
      10pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/08/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/12/27Posted by ブクログ

      2010/12お茶の話っぽいタイトルに衝動買い。
      サブタイトルに「美男の供す~」とあるのでもしかしてBLぽい?のかと少しばかり心配しながら(笑)読みましたが、茶房(喫茶店)のお兄さんたちの妖怪?退治も...

      続きを読む
    • 2012/02/28Posted by ブクログ

      このシリーズ、どれが一巻なのかよくわからない罠。
      これ一巻だったのだろうか。

      文体が美しい真堂樹作品なら、なんでもいいや!と手にとった。

      主人公、李子春は仙骨を持った気の優しい少年。
      鬼市巷という...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002115580","price":"506"}]

    セーフモード